2009年 12月 18日 ( 1 )   

温故知新(ビンテージって古いだけ?)   

2009年 12月 18日



日頃お世話になっているLucky's Cue Int'l から数々のビンテージのキューが販売されている。

誰もが知っているサウスウエストやタッド等。どれも20年位前のキュー。

b0155705_21344923.jpg


一方でハイテクなるシャフトを装備した新進キューにも人気がある。

新進キューメーカーが販売するキューはどれも買いやすい価格で万人向けともいえる。

ハイテクとは・・・トビや見越しの軽減とソリッドな打感

ではなぜメーカーはハイテクを求めたのか・・・・それは、求めざるえなくなったというのが真実だろう

現在流通する木材では、キュー作りに向く素材がなくなったのだ。もちろん安価という制限もある。

そこで、組木細工のように組み立て、20年前のシャフトに模した打感や性質を求めたのだと思う。

トビや見越しの軽減を、現在のキューの価値と見出すしかなかったともいえるでしょう。

それが決して悪いわけではない。価格と流通のバランスでは当然だと思います。


ハイテクにはハイテクの良さももちろんある。自分も何本も持ってます&使ってます。

しかし、ハイテクばかり追いかけずに、ビンテージでしか味わえない細くて締まったスティフなシャフトの打感も是非感じてもらいたい。

きっとビリヤードの幅が広がると思いますよ。病みつきになるかもね。


キュー好きのたわ言としてご勘弁を


ちなみに、私はビンテージキューを持ってました。今はもうない(笑)
Webのあのキューすごくいいよね。先角マイカータだし・・欲しい・・・・(泣)
[PR]

by shin-cue | 2009-12-18 21:37 | その他